限られた成長期

限られた成長期

親にとって子どもの成長は一番大切なものです。そこで子どもの成長を応援してくれるサプリ「アスミール」飲料を子どもの身長が伸びる時期に飲ませてみるのはいかがですか?では子どもの身長が伸びる年齢とは何歳くらいなのでしょうか?

 

子どもの身長は何歳まで伸びる?

身長が伸びるということは、骨の両端にある、骨端線という軟骨の部分が膨張することによって伸びるので、簡単に言うなら骨が伸びるということです。それは生まれた時からはじまり、個人差もありますが男子の場合は17~18歳前後まで、女子の場合は15~16歳前後まで一般的に身長が伸びると言われています。

 

子どもの成長応援飲料「アスミール」の対象年齢とは?

子どもの成長応援飲料「アスミール」とは、子どもの成長期に飲ませる栄養機能補食品です。アスミールには明確な対象年齢が決まって書かれていません。なぜなら、 子どもの成長ホルモンの分泌が盛んな時期がポイントとなるからです。そのため、早くても3歳頃から飲ませることで6歳くらいになると効果が出てきます。3歳頃まではまだ体内にお母さんからもらった免疫などが備わっていますが、それ以降は必要最小限栄養バランスが整った食事で自ら成長していく時期となっています。そのため、6歳頃の学童期になると身長など身体の大きさにばらつきが出てきます。

 

学童期に「アスミール」を飲んで身長を伸ばそう!

アスミールを飲むのは早ければ早いに越したことはありませんが、身長の伸び幅がまだはっきりしてこない学童期にはしっかりと飲ませることができます。学童期とはおおよそ6歳~12歳までも時期です。それに加え、栄養バランスの整っている食事を与え、足りない栄養をアスミールで補うなら、学童期から思春期にかけて身長を伸ばすことができます。思春期には成長ホルモンがたくさん分泌されるので、身長が伸びると言われている男子の場合は17~18歳前後まで、女子の場合は15~16歳前後までを目安に期待することができるでしょう。

 

まとめ

身長の伸びには個人差がありますが、一般的に男子の場合は17~18歳前後まで、女子の場合は15~16歳前後まで一般的に身長が伸びると言われています。それにあわせて子どもの成長応援飲料「アスミール」を飲ませることで成長ホルモンの分泌を促進させることができ、身長を伸ばすことができます。早ければ早い年齢から飲ませることができますが、遅くても学童期である6歳~は飲ませるようにしましょう。