DHAとEPA

DHAとEPA

子どもの脳の発達に欠かせないといわれている成分に「DHA」「EPA」があります。脳の活性化を助ける働きがあり、島国の日本人は青魚を多く食べることからDHAやEPAをたくさん取っているため頭が良いといわれています。ではこれらの成分について詳しく見ていきましょう。

DHA・EPAとは何?

DHAやEPAと来たことのある方は多いと思います。これらは「オメガ3系脂肪酸」と言われており、マグロやカツオといった青魚の脂肪に多く含まれている脂肪酸です。体内では作り出すことが難しい必須脂肪酸の一つですので、食品やサプリメント等で摂取することが推奨されています。そしてこれらの成分は健康維持には欠かすことができません。特にDHAは脳の神経細胞を活性化させ、神経細胞の細胞膜を柔軟に保つ働きがあるといわれています。

DHAやEPAは脳の発達に欠かせない

DHAには脳の神経細胞を活性化させ、神経細胞の細胞膜を柔軟に保つ働きがあると述べました。もともと体の中にはDHAはたくさんあり、徐々に増えていっています。しかしDHAやEPAがたくさんあれば、子供の脳の発達はどんどん加速します。結果頭の柔らかい、頭の良い子につながります。特に子どもは12歳くらいまでに習得したことが体や脳に染みつくといわれています。この時期までに覚えたことは脳がしっかりと記憶し、体で覚えているものです。DHAをたくさん摂取していれば神経細胞は柔軟ですので、習得能力は向上します。特に子どもの時期の脳の発達に欠かせない成分であることが分かったでしょうか?

DHAやEPAは視力にも影響?

人間の網膜にもたくさんのDHAが含まれています。人間の体の中で一番多くDHAがある場所と言われています。ですからDHAが不足すると視力の低下や目の機能低下につながることがあります。子どもが情報を吸収する多くは目から見たものです。目から見たものを脳は記憶し情報処理していきます。ですから視力と脳の発達は関係があるといえるでしょう。視力低下防止のためにもDHA・EPAは積極的に取り入れたい成分と言えるのではないでしょうか?

まとめ

子どもの脳の発達に欠かせないDHA・EPAを積極的に摂取したいものですね。子どもの栄養ドリンクとして人気の高い「アスミール」にはDHAも配合されています。魚嫌いの子供が増えているので、摂取が難しくなっているDHAをアスミールで効果的に摂取してはいかがですか?