タンパク質

タンパク質

子どもの成長に欠かすことのできない栄養素に「タンパク質」があります。私たちは様々な食材からたんっぱく質を取っていますが、たんぱく質にはどんな働きがあるのでしょうか?効果的にたんぱく質を取る方法はあるでしょうか?では見てみましょう。

タンパク質とは?

タンパク質とは3大栄養素の一つで、身体の成長に欠かすことのできない栄養素です。主に体の組織を作ったり、骨の育成を助けます。人間の体の半分はタンパク質でできています。ですから積極的にたんぱく質を摂取して生命維持をしていかなければならないのです。たんぱく質には動物性と植物性の2種類がありますが、どちらもバランスよくとる必要があります。ではタンパク質は身長を伸ばすのにどのように関係しているのでしょうか?身長を伸ばすことは骨を延ばすことでもあります。ですから骨作りのためにもカルシウムそしてたんぱく質が欠かせないのです。たんぱく質は骨の元になっています。成長ホルモンの分泌を促す働きもするので、たんぱく質は身長を伸ばすのに欠かせません。特に成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されるといわれています。ですから夕食にたんぱく質を含む食事をすることで成長ホルモンは活性化するといえるでしょう。

必要なたんぱく質の量は?

身長を伸ばすためにはしっかりタンパク質を取らなければなりません。一番成長する中学生の時期は大人と同じくらいかそれ以上のたんぱく質が必要な場合もあります。9~11歳は65~80g、12~14歳は80~85g、15~17歳は65~80gと言われています。たんぱく質は主にマグロ、カツオ、豚肉、牛肉、鶏肉、卵、納豆などに多く含まれています。比較的摂取しやすい食材かもしれませんね。またタンパク質を体内でエネルギーに変えるために必要な栄養素は「ビタミンB6」です。ビタミンB6を一緒にとることで、たんぱく質のエネルギー代謝を高め骨や筋肉にする助けをしてくれます。

アスミールは効率よく栄養摂取できる

子どもの成長に欠かせない栄養素としてたんぱく質をあげることができますが、たんぱく質を効率よく吸収するにはビタミンB6を一緒に取らなければなりません。この二つの栄養素を効率よくとることができるのが「アスミール」です。タンパク質は普段の食事で問題なく摂取はできますが、ビタミンB6は緑黄色野菜に多く含まれているため、苦手にしている子どもは少なくありません。そこでアスミールを飲むことで必要なビタミンB6をしっかり摂取することができ、たんぱく質の働きを高めることができます。

まとめ

成長期の子どもの身長を伸ばすにはカルシウムだけでなく、たんぱく質も欠かすことのできない栄養素です。そのたんぱく質の働きを高めるためにもぜひビタミンB6も一緒に取るようにしましょう。アスミールは1日に必要なビタミンB6をしっかりとることができます。アスミールで子供の成長を優しくサポートしてはいかがですか?