寝る子は育つ

寝る子は育つ

「寝る子は育つ」と昔から言いますが、本当なのでしょうか?はい。本当です。では睡眠と身長の伸びはどのように関係しているのか見てみましょう。成長期のお子さんをお持ちの方で身長を伸ばしたいと考えている方は必見です!

睡眠と身長の関係

身長を伸ばすのにはいくつかの要素が必要になっていますが、その一つが「睡眠」です。なぜでしょうか?身長を伸ばすということは骨を伸ばすことです。骨が伸びるのに影響するのが「成長ホルモン」です。成長ホルモンがたくさん分泌することで骨は成長して結果身長が伸びるといえます。この成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されるといわれています。ですから身長を伸ばしたかったら成長ホルモンを分泌させるためにも睡眠は欠かせないのです。特に思春期の成長期の睡眠は大切です。

いつ、どのくらい寝たらいいの?

身長を伸ばすことに大きなかかわりがある成長ホルモンと睡眠の関係を見てみましたが、どのくらいの睡眠をいつとることが望ましいのでしょうか?成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されますが、特に多く分泌される時間帯というのが22時から2時までの間です。この時間帯に質の良い眠りを取っていると成長ホルモンがどんどん分泌されていきます。質の良い睡眠のために落ち着いた環境を用意しましょう。また寝る2時間前までには食事は終わらせておきましょう。眠り始めてすぐに深い睡眠に入ることは難しいですね。ですから21時までには寝るようにすると、成長ホルモンがたくさん出る22時には深い眠りに入っていることでしょう。
必要な睡眠時間は何時間ですが?成長期真っ只中の小中学生は9時間以上の睡眠はとりたいものです。この時期は一番成長ホルモンが分泌される時期でもあるので、睡眠不足は避けたいものです。高校生に入っても睡眠時間はたくさん取ってほしいですが、最低8時間はとってほしいです。しかし最近は子どもたちの睡眠不足がとりだたされています。勉強をしなければいけない、テレビゲームのし過ぎなどいろいろな理由で睡眠不足になっている子どもたちが多いです。しかし体の成長のことを考えたら、たまの夜更かしは仕方ないとしても毎日の睡眠はしっかりとりたいものですね。

まとめ

睡眠と身長の伸びの関係についてみてみました。睡眠中は成長ホルモンが分泌されるため身長を伸ばしたいなら、特に22時から2時の間は質の良い眠りが必要です。そのためにも夜の9時には寝るようにしましょう。そして成長ホルモンの分泌を助ける栄養をアルギニンを摂取をお勧めします。アスミールにはアルギニンがバランスよく配合されています。