アスミールと組み合わせてはいけないもの

アスミールと組み合わせてはいけないもの

子どもの成長期に飲ませたい飲料ドリンク口コミランキングで大人気のサプリ「アスミール」は、成長期のお子さんはもちろん、偏食が多いお子さんにもおススメの粉末タイプのサプリメントです。そんなアスミールの栄養素を効率よく吸収させるためにはどうしたらよいでしょうか?

 

アスミールの作用を下げてしまうものとは?

アスミールには、普段の食事から摂ることが難しい栄養素も摂取することができる栄養機能食品です。そのため、アスミールの作用を下げてしまう食事の組み合わせや食事などはありません。またアスミールは、国内製造原料のみを使用し、国内工場で製造されているので安心して飲むことができます。それに加え、合成保存料、合成甘味料、合成着色料などの添加物は一切使用されていないので、アスミールに含まれている栄養素や作用、効果などを妨げる要素は何もないので、安心して飲むことができます。

 

栄養バランスを整えるサポートができるアスミール

どんなに栄養バランスを整える食事を整えても、子どもが食べてくれなければ意味がありません。また子どもが家で食事をするのは、朝食と夕食だけです。つまり、家庭で完璧に栄養バランスが整った食事を与えることには限界があります。そこで、厚生労働省が推奨している1日の栄養素を摂取することができるアスミールを子どもに飲ませることができます。特に、子どもがお腹の空いているタイミングでアスミールを与えるなら吸収率をアップさせることができます。

 

アスミールの吸収率をアップさせるために

アスミールは牛乳と混ぜて飲ませるドリンクでココア味がします。なので、朝食の際に与えることで効率よく吸収させることができます。また、学校から帰宅した際に、おやつの代わりに与えることもできるでしょう。夕飯は、メイン料理としてお魚やお肉などのタンパク質がでてきます。それらはアスミールの吸収率を下げてしまう、つまり、作用を下げてしまうので、夕食時に飲むことは控えることができるかもしれません。

 

まとめ

アスミールは子どもの成長に必要な成分や栄養素がたっぷり配合された粉末タイプのサプリメントです。空腹時に飲むなら、それらの栄養素を効率よく吸収することができます。しかし、お魚やお肉などのタンパク質がメインとなる夕食時に一緒に飲むと吸収率が低下し、作用を下げてしまう可能性があるので、朝食やおやつなどと一緒に与えることができます。